プロフィール

【テレビ業界】テレビ局の就職に有利な資格ってあるの?

おはようございます。テレビマンゆきぴすです。

テレビ局にはある資格を所有している人が絶対に必要なんですが、みなさん知っていますか?

その資格とは、「第一級陸上無線技術士」です。

私は働き始めてからこの資格を取得しましたが、かなり苦戦しました。

ですが、もしテレビ局に本気で就職を目指しているなら、ぜひ取得してほしい資格です。

テレビ局には必須の資格「第一級陸上無線技術士」について、どのような資格でどれくらい難しい資格なのか、私の実体験も交えながら解説していきます。

第一級陸上無線技術士ってどんな資格?

第一級陸上無線技術士という資格は「日本無線協会」が実施している試験に合格することで得られる資格です。

日本無線協会は他にも航空や海上の無線免許も扱っています。

また陸上無線の資格にも種類があり、似たような名前の第一級陸上特殊無線技術士というものがありますが、こちらの資格は就職で有利になることは少ないでしょう。

無線の資格で最高峰

なぜ第一級陸上無線技術士以外の資格ではだめなのか。

理由は、扱える電波に制限があるからです。

放送局の扱っている電波の中でも、テレビ局から出ているような放送波はとても強いです。

この電波を扱えるのは第一級陸上無線技術士だけなのです。

番組の制作現場で使用する電波を出す機器程度なら、ほかの資格でもいいのですが、それならわざわざ資格を持っている人を採用しようとはならないんですね。

実際、テレビ局で働き始めてからその資格を取ると、会社から報酬が出たり手当が付くようになったりします。

どんな電波でも扱えるからこそ、第一級陸上無線技術士という資格を持っていると、会社からも必要とされるし、就職にも有利になるんです。

ですので、取得するのは難しい資格ですが、取るなら第一級陸上無線技術士一択です!

資格試験に合格するには

試験は全部で4科目あり、すべての試験で6割以上の点数が取れれば合格です。

また、科目合格制度というものがあり、一度の試験で4科目すべて合格できなくても大丈夫です。

試験は年に2回行われているので、1回の試験で1科目ずつ合格していき、2年で資格を取るということもできます。

実際、私も4回に分けて1科目ずつ合格することで資格を取得できました。

試験で合格点を取るための勉強方法

この資格試験は、過去問をしっかり解けるようになれば、ほぼ合格できます

私は過去10年分の過去問を何回も解き、すべての過去問で8割解けるまでやりこみました。

過去問は日本無線協会のホームページからダウンロードすることもできます。

ですが、1冊は過去問集の本を買っておくことをお勧めします。

私が試験勉強をしていた時も、わからない問題の解き方を調べる時に、過去問集はとても役に立ちました。

まとめ

第一級陸上無線技術士は無線系最高の資格

テレビ局の就職にかなり有利になる!

国家資格なので信用もある!

難しい資格試験ですが、私も働きながら取得することができました。

今後、5Gがどんどん普及してくるように、無線の資格自体は価値が落ちることもありません!

テレビ局を目指す方はもちろん、電波を扱う仕事をやりたいという方も、ぜひ資格取得にチャレンジしてみてほしいです!